部屋

学習机を購入するコツ|勉強がはかどるアイテム

インテリアにこだわるなら

カーテン

サイズ合わせが重要

部屋のインテリアを考える際、意外と存在感が強いのがカーテンです。色柄はもちろんですが、窓の大きさにきちんと合った、違和感のないものを選ぶことが重要です。カーテンを購入する際、最も大切なのが採寸です。採寸する際には、先にカーテンレールがついていることが条件です。そして、まず「カーテンレールの幅」を測ります。次に長さですが、これは、窓のタイプによって測り方が違います。掃き出し窓なら「カーテンレールのランナー輪の下から床」まで、腰高窓なら「カーテンレールのランナー輪の下から希望の長さ」までになります。この時、カーテンレールからではなく、レールについている輪が基準になる点に注意が必要です。出窓の場合は2種類あり、内部から壁面で覆ってしまうなら腰高窓と同じ、出窓内部にカーテンをおさめる場合は「内寸の長さ」です。採寸が終わったら、次は両開きか片開きかを選択します。掃き出し窓など幅がある窓の場合は、両開きにする方が便利です。そしてフックの仕様を決めたら、後は用途に合わせてカーテン本体を選ぶのみです。色柄に関しては、部屋のインテリアや好みで決めてしまって問題ありません。大切なのは、どんな機能を求めるかです。例えば部屋の光が外へ漏れないようにしたいなら遮光タイプを、いつまでもきれいな形を求めるなら形状記憶タイプを選ぶという具合です。他にも保温や防炎など、機能性に優れたカーテンがありますので、状況に合わせて選ぶことが大切です。